pencil2

- 今年最後はロトくじで運試し - パソコンソフトで生活を楽しく 仕事を楽に便利にする

今年最後はロトくじで運試し

2017年12月29日
written by 渡辺
この記事は2017年12月28日に配信されたGINGのメールマガジンを基に再構成したものです。

本日は今年最後のメルマガ配信となりました。皆様、本年もこのメルマガを読んでいただきまして本当にありがとうございました。来年も引き続きよろしくお願いいたします。

さて、皆様はもう年末ジャンボ宝くじを買いましたか? 私はもちろん買っておりません。これまで買い続けた「ロト6」を買って今年を締めくくろうと思います(いつもより多めに買う予定)。

そこで、皆様にもロト6・ロト7・ミニロトの当たり数字を賢く予想して今年を締めくくっていただきたいので、本日は『当てる!ロトシリーズ』をご紹介します。

そもそも皆さんは「ロトくじ」をご存知でしょうか? よくCMが放映されておりますので、名前は聞いたことがある方が多いかもしれませんが、実際にどんな宝くじなのかご存じない方もいるかもしれません。そこでご存じない方のために、ここでは「ロト6」を例にとって簡単にご説明します。

「ロト6」とは「1~43」の数字の中から「6個」の数字を選ぶ宝くじになります。とてもシンプルな宝くじなのですが、適当に数字を選んでもなかなか当たるものではありません。以前何度かソフトを使わず適当な数字を購入したことがあるのですが、一つの数字も当たりませんでした。

そこで、この「ロト6」の当選確率を少しでも上げるべく、過去の当選番号を詳細に分析し、当選番号を予測するソフトを今回開発しました。それが本日ご紹介します『当てる!ロト6』になります。

ただ単に数字を予想するだけであればフリーソフトでもできてしまいます。そこで私は個人的に通算成績を管理したかったので、これまでに投じた金額の収支をグラフで見られるようにしたり、当選番号を自動でダウンロードして自分の購入した番号が当たっているのかどうかを自動判定できるようにしました。

このソフトが完成してから数回ロト6を購入しているのですが、週2回の購入や当選番号の発表だけでなく、通算成績の管理がとても楽しくなりました。特に今どれくらい損しているか得しているかがグラフで一目でわかるので、掛け金を増やしていくのか、これでやめておくのかの判断がしやすくなりました。

また「ロト6」だけではなく「ロト7」「ミニロト」バージョンもございますので、ご興味のある方はこちらのページをご覧ください。

「ロトくじ」は少額で手軽に始められる上、他の宝くじに比べて当たる確率が高いと言われております。これまで「ロトくじ」を買ったことがある方もそうでない方も、是非このソフトを活用して一緒に高額当選を目指しませんか。

ページトップへ