- Apower Edit - パソコンソフトで生活を楽しく 仕事を楽に便利にする

ApowerEdit

  • ダウンロード購入

+1000円でメディアCDがついてくる!

※購入ボタンを押すと、Vectorのサイトに遷移します。
※「+1,000円」で「バックアップメディア(CD-ROM)」をお買い求めいただけます。
※「バックアップメディア」をお買い上げいただきました場合、別途送付先をご入力いただく必要がございます。詳しくはVectorの購入完了画面をご確認ください。

Apower Edit とは?

Apower Edit

本ソフトは、誰でも簡単操作でプロっぽい動画を作成できる動画編集ソフトです。
タイトルやテロップを挿入したり、かっこよく場面転換したりなど、プロっぽく見せる技を簡単に使えるので、動画編集が楽しくなります。
編集が終わったらYouTubeやSNSにアップしたり、スマホで見られるようにしたりなど、
それぞれの見方に応じた出力も可能です。
動画編集はもう面倒な作業ではありません。
皆さんも気軽な気持ちで動画編集を始めてみませんか。 

見やすいユーザーインターフェイスでサクサク動画編集

本ソフトでは、だれでも簡単に動画編集ができるよう、徹底的に操作画面にこだわりました。
画面は大きく4つのエリアに分かれており、それぞれ下記のような役割になっております。

Apower Edit画面

素材・テキストなどの編集エリア

このエリアでは編集したい動画を選択したり、タイトルやテロップのテキストを入れたり、フィルターや場面転換のパターンを選択するエリアになります。選択した素材やテキストをタイムラインにドラッグ&ドロップすることで編集が可能になります。  

リアルタイムプレビューエリア

素材や各種テンプレートを選択し、再生ボタンを押すとこのエリアで再生することができます。またタイムライン上に乗せたものをすぐに視聴することができるエリアです。  

編集用ツールバー

タイムライン上に素材を乗せた状態であれば、このツールバーを使用して動画をカットしたりつなげたり、必要な部分だけを切り出したりなど、このほか様々な動画編集ができます。  

タイムライン

動画編集の際に必要なのがタイムライン。この使い方を覚えるだけで動画編集はマスターしたも同然。色々な装飾をタイムライン上に加えていくことによりどんどんプロっぽい作品に仕上がっていきます。 

動画にテキストを挿入して面白くする

Apower Edit画面

タイトルやテロップをいれるだけで、動画が少しだけプロっぽく見えます。
本ソフトでは様々なテンプレートが入っていますので、単にシンプルなテキストを入れるのではなく、面白おかしくテキストを入れたり、派手なお祝いメッセージを簡単に挿入することができます。ただ、あまりにも簡単にテキストを入れられるので、入れすぎには注意が必要です。あまりテキストを入れすぎると動画がゴチャゴチャして見にくくなってしまいます。

Apower Edit画面

フィルターを使ってプロっぽい動画に

Apower Edit画面

フィルターを使うと、さらにプロっぽい映像に仕上がります。本ソフトにはこんなフィルターが搭載されております。

・スポットライトがあたるような感じ
・モザイク
・砂嵐
・画面が揺れる
・クローズアップ
・キラキラ

などなど。
動画の場面に応じてこれらのフィルターを活用してみてください。

Apower Edit画面

「オーバーレイ」でかわいさを演出

Apower Edit画面

本ソフトには「オーバーレイ」という写真でいうところの「枠」のテンプレートが数多く搭載されております。注目させたい場面に使うと効果的です。

Apower Edit画面

オシャレにかっこよく場面転換

Apower Edit画面

複数の動画をつなげる際、この場面転換のテンプレートを使うととても動画がかっこよくなります。様々な場面転換のテンプレートが搭載されておりますので、各テンプレートの動きをプレビューで確認しながらお気に入りのものを選んで使ってみてください。

Apower Edit画面

使える「オンライン素材」を随時追加

Apower Edit画面

本ソフトでは、随時プログラムのアップデートを行っております。その際、新しいテンプレートがあれば「オンライン素材」として無料でダウンロード
ができます。既存のテンプレートに飽きてきたら、この「オンライン素材」の項目をチェックしてみてください。

Apower Edit画面

用途に合わせたムービーファイルを作成

動画の編集が終わったら、それを出力してみましょう。出力する際はその動画をパソコンで見るのか、スマホで見るのかをあらかじめ決めておいてください。
スマホでよく見る場合は、「出力 ⇒ デバイス⇒ スマホ」の順に選択し、ファイル名や出力先を指定するだけでOK。また編集した動画の音声だけ抜き出して出力することもできますので、たとえば動画サイトからダウンロードしてきた音楽ビデオから音声だけ抜き出すこともできます。

Apower Edit画面

動作環境

Apower Edit

動作環境

購入する
ページトップへ