pencil2

- 再生できない動画を見るための基礎知識と動画変換ソフトの活用法 - パソコンソフトで生活を楽しく 仕事を楽に便利にする

再生できない動画を見るための基礎知識と動画変換ソフトの活用法

動画変換

動画を再生しようとしたらエラーで開けなかったということはないでしょうか?
今回はそんな再生できない動画を見たいときに役立つ、動画変換の基礎知識と動画変換ソフトについて紹介します。
今まで見たい動画があったけど再生しても見れないから諦めていた、という方の参考になれば幸いです。

主な動画ファイルの拡張子とファイル形式

画像ファイルにJPG、PNG、GIFなどの色々な形式のものがあるように、動画ファイルにも様々なファイル形式(フォーマットとも呼ばれる)があり、この動画ファイル形式は機器のメーカーによって異なる場合があります。

例えば、A社のビデオカメラで撮影した映像と、B社のビデオカメラで撮影した映像は、見た目は同じ動画でもファイル形式が異なることがあり、その結果、A社のビデオカメラで撮影した動画はパソコンとスマホで見られるけど、B社の方はパソコンでしか見られない、ということも起こります。

このように、動画のファイル形式の種類は技術の進歩と共にどんどん枝分かれしているため、現在では非常に多くのファイル形式が存在しています。

以下、近年使われることの多い、代表的な動画ファイル形式について紹介します。

.wmv(ダブリューエムブイ / WMV形式)

マイクロソフト社が開発した、Windows Media VideoというWindows標準の高圧縮動画形式です。

.avi(エーブイアイ / AVI形式)

マイクロソフト社が開発したWindowsの標準的なビデオファイルを扱うための動画ファイル形式です。
様々な形式によってエンコードされているので、再生するためには個々の形式にあったコーデックが必要となります。

.mov(エムオーブイ / MOV形式)

アップル社が開発した「QuickTime」で作成されたビデオファイルの動画ファイル形式です。

.mp4(エムピーフォー / MPEG4形式)

MPEG4形式で圧縮された動画ファイル形式です。
非常に汎用性が高く、様々なデバイスで再生することができるのが特徴です。
携帯電話やスマートフォンなどのナローバンド向けに開発された仕様で、低いビットレートでも効率的な動画再生が可能となっています。
MPEG形式は国際標準化機構(ISO)の下部組織であるMPEG(Motion Picture Experts Group)により制定されたものです。

.vob(ブイオービー / MPEG2形式)

MPEG2形式で圧縮された動画ファイル形式で、DVDなどの高画質映像ファイルに使われています。

.flv(エフエルブイ / FLV形式)

FLVは、Flash Videoのフォーマットで作成された動画ファイルです。
主にFlash Playerを使って再生されることを想定しているため、Webブラウザを通じて簡単に再生することができるのが特徴です。
YouTubeやニコニコ動画などの動画サービスでも扱われている主要な動画ファイル形式でしたが、iPhone、iPadなどのFlash Player非対応のデバイスが普及したことによって、各動画サービスもHTML5形式の動画に移行し、現在では過去のものになりつつあります。

OSの標準ビデオプレーヤーで再生できる動画の種類

Windwos、Mac、iPhone、Androidの各デバイスに標準搭載されているビデオプレーヤーで再生可能な動画ファイル形式をまとめました。

※1 Androidは機種によって標準ビデオプレーヤーの機能が異なりますが、拡張子.mp4の動画であれば、いずれの機種でも再生可能です。それ以外の動画ファイル形式は機種によって再生できるものが異なります。

※2 いずれのOSも標準搭載されているプレーヤーソフトのバージョンによって、再生可能なファイル形式は異なります。また、機能を追加することによって標準プレーヤーで再生可能になる場合もあります。あくまでも参考程度にお考えください。

Windows Mac iPhone Android
.wmv × ×
.avi
.mov ×
.mp4
.vob × × ×
.flv × × ×

基本的にどのデバイスもMPEG4形式(拡張子.mp4)の動画ファイルは再生することができるので、迷ったらmp4を選んでおけば良いかと思います。

再生できない動画を再生する方法

自分の持っているパソコンやスマホで見たい動画が再生できないときは、下記のいずれかの方法を試してみてください。

動画変換ソフトでファイル形式を変換する

自分の使っているデバイス(パソコンやスマートフォン)で撮影した動画が再生できないときは、動画変換ソフトを使って動画のファイル形式を変換すれば再生できるようになります。

弊社から発売されている動画変換マスターを使うと、特殊なファイル形式で保存されてい動画ファイルも、簡単に汎用的な動画ファイル形式に変換することができます。

特定のパソコンでのみ再生するという場合であれば、後述のメディアプレーヤーをインストールする方法でも良いですが、様々なパソコンやスマホで再生したり、友人に送ったりと、様々なデバイスでビデオを楽しみたい場合は、ファイル形式を変換する方が良いでしょう。

専用のメディアプレーヤーをインストールする

Windowsで動画ファイルを再生するときは標準ソフトのWindows Media Playerを使うのが一般的ですが、様々なファイル形式に対応したメディアプレーヤーをインストールすれば、OS標準では再生できなかった動画を再生することができるようになります。

例えば、DVDなどに使われることの多い拡張子.vobのファイルは、Windows、Macともに標準プレーヤーでは再生できませんが、VLCというメディアプレーヤーを使えば再生することができるようになります。

パソコンだけでなく、iOSやAndroidにも様々なビデオプレーヤーがあるので、自分が再生したいビデオのフォーマットに対応したビデオプレーヤーを探してみましょう。

まとめ

以上、動画のファイル形式の基礎知識と再生できない動画を再生する方法を紹介しました。

今回は基本的なことしか触れませんでしたが、動画変換というジャンルをさらに詳しく掘り下げると、コーデックの種類やファイル形式による圧縮率の違いなどがわかってくるので、作業がさらに面白くなってきます。

しかしながら、映像編集というのは基本的に時間のかかる作業なので、「いかに映像を劣化させずに小さいファイルサイズで圧縮するか」などというようなことを突き詰め始めると、時間がいくらあっても足りません。

子供の運動会のビデオを知人に配るため、変換・編集していたら土日が潰れて月曜の朝になっていた、というようなことにならないためにも、「見れない動画をちょっといじって見れるようにする」くらいのライトな使い方でしたら、変換作業はソフト任せにしたほうが賢明でしょう。

ページトップへ