pencil2

- 仕事は「量」だ!? - パソコンソフトで生活を楽しく 仕事を楽に便利にする

社長秘書ブログ

仕事は「量」だ!?

未分類
2019年5月8日
written by 秘書マチコ

皆さまは、大好きなことってありますか?
わたしは運動が好きなのですが、運動のなかでも
ほんとうに大好き!!なことがあります。
それは、ボクササイズ系のエクササイズです。
これは20歳の頃からずっとブレなく好きで、趣味という言葉はしっくりこなくて。。。
ともかく「好き!!」(笑)
色々な場所に引っ越していますが、まずいちばんにすることは、
近所にあるボクシング系、ボクササイズ系のプログラムがあるジムに入会ことから始まります。
(引っ越す場所を決める際に、すでにチェックしています。)

いまよりずっと若い頃は、
運動を主体に、1日のスケジュールを組んでいたのでした。。

仕事をすることが好き=仕事は勉強!
の仕事人間?のわたしでしたが、
いかに「ジムに行く時間を作るか」というのも、仕事と同じくらいの熱量があったのですね**
というのも、前回書いた「生産性」についてふと考えていたところ・・・
若い頃、ものすごい仕事量をしていたけど、むっちゃジムに行ってたな(1年363日は行っていました)
ということは、
むっちゃ生産性の高い仕事の仕方していたじゃん!と。。過去を自画自賛**して(笑)
改めて、仕事の仕方について考えました。。

そういえば、GINGの社長と知り合ったきっかけは、(もう10年以上も前ですが**)
わたしがある会社のソフトウェアの店舗ラウンダー(店舗周り営業)をしていた時です。
その時は、1日5店舗くらい回っていました。
新商品発売時などはたくさんのお店を回りたくて、7店舗回って店のレイアウトを全部変えた時もあります。
それでも、17時にはジムでトレーニングを始めていました。。。

というのも、その時やっていた営業ラウンダーの仕事は、
店をしっかり回ってくれたら、何時に終わってもいいよという契約だったからです。
→ジムにすいている時間に行ける!と、この仕事にしました。。笑
早い時には16時には全部の店舗を回り終わり、報告書も休憩の合間を見て書き上げ、来週の予定も組んで終了!
みたいな余裕もあったときもあります。

その時の仕事の仕方は、
1:まず1ヶ月のラウンド計画をたてる
→店舗に伺う目的の確認・わたしは東海3県を担当していたので、重要な地区の優先度を決めるなど
2:店ごとの資料を用意する
→店に渡したい資料を、店舗別にクリアファイルに入れる。販促品の確認。
ここまでを事前に行い、

営業当日は出発前に、
1:資料と販促物の確認
→店舗ごとの営業トークを定める*店舗によってささるポイントはちがうのと、売上がなくても回るリストに入っている時は、フリートークネタも考えておかないとうとまれるだけだから**
2:タイムスケジュールを決める
→渋滞情報もチェックして、移動時間、店舗滞在時間をすべて決める。
最終終了時間=最終の店舗を出る時間 もきっちりメモして、報告書をどのタイミングで書くかもここで決める
ということをやりました。

つまり「準備」がけっこう多かったんですね。
すこしまえ、他の会社の営業さんとお話しする機会があり、
多くの方が「当日に行く場所を決める」とおっしゃっていて、
びっくりしたことがあります。

当日に決めて、1ヶ月の販売目標や行動目標を、
どうやって達成されるのか**

びっくりして、いろいろ質問してしまいましたが
「担当者が休みの時があるから」とか、
営業ならではの「曖昧」な会話をされて、
まぁいいやと思ってしまいました**

営業、つまり人相手だから、確定しにくいことがあるのは
前提、つまりあたりまえのことだと思います。

だからこそ、確率をあげるために準備をする

それが仕事をするということだと思います。

生産性をあげることも大事ですが、
それ以前に、
自分のお客様が求めていることはなにかとか、
それができているか
とか、
そこをしっかり押さえて、
まずは「量」をやる

それが大事なことだと思います。

量をこなしていくと、
あるところから「質」が見えて
きて、
そこからはじめて生産性について考えても良いと思います。

まずは、圧倒的な量を!
運動でもそうだと思いますが、
量をこなさず効率=結果 に行き着くことなんてないなと、
改めて思う今日このごろです。

ということで、地道に今日も
頑張っていこうと思います。。。@@

ページトップへ