pencil2

- 電子印鑑を使ったかっこいい年賀状の作り方 - パソコンソフトで生活を楽しく 仕事を楽に便利にする

電子印鑑を使ったかっこいい年賀状の作り方

2017年12月21日
written by 渡辺
この記事は2017年12月21日に配信されたGINGのメールマガジンを基に再構成したものです。

皆さんはもう年賀状を作成されましたでしょうか? 私はいつも年末ぎりぎりに作成するのですが、今年はちょいとカッコイイ年賀状を作成しようと考えております。

それは、年賀状の最後に「電子印鑑」を押すんです。たったこれだけなのですが、デザインが引き締まり、意外にかっこよく仕上がります。すでに弊社の電子印鑑ソフトをお持ちの方は、是非一度お試しください。

印鑑はやっぱり「角印」がベスト。文字は「謹賀新年」がベタですが、4文字のバランスが最も良いです。またフォントや文字の大きさ・色にこだわることにより、個性的な印鑑に仕上がり年賀状もかっこよくなります。

まだ電子印鑑ソフトをお持ちでない方は、下記のホームページをご覧ください。(無料で使えるFree版もあります。)

本ソフトで作成できる電子印鑑は、他にも様々な用途に使用できます。全部で「8種類」の印鑑が作成できるのですが、他にも下記のような機能が搭載されております。

いつでも押印「印鑑パネル機能
この機能を使用すると、デスクトップ上の任意の場所に小さな「印鑑パネル」が設置できます。パネル上にはよく使用する印鑑を3個まで登録でき、いつでもドラッグ&ドロップで押印できるようになります。普段からよく電子印鑑をご使用される方であれば、押印の際にいちいち本ソフトを起動しなくても「印鑑パネル」から簡単に押印することができます。

新たに搭載された印章用フォント10書体
電子印鑑の作成に適したフォントが10書体搭載されております。旧バージョン(1・2)をお持ちの方は、当然そのフォントもご使用いただけます。もし過去すべてのバージョンをお持ちの場合、今回のバージョンをインストールすると全部で「31書体」の印章用フォントがご使用いただけることになります。

この他にも多数の機能が搭載されておりますので、詳しくはパパっと電子印鑑のページをご覧ください。

ページトップへ