クロスサーチ2

  • ダウンロード版購入

+1000円でメディアCDがついてくる!

※購入ボタンを押すと、Vectorのサイトに遷移します。
※「+1,000円」で「バックアップメディア(CD-ROM)」をお買い求めいただけます。
  ご不要の方は、「バックアップメディア」の右にある「削除」をクリックしてください。
※「バックアップメディア」をお買い上げいただきました場合、別途送付先をご入力
  いただく必要がございます。詳しくはVectorの購入完了画面をご確認ください。

長年パソコンを使用していると、いつの間にかファイル数が増えてしまい、目的のファイルがなかなか見つからないことはありませんか?
『ファイル横断検索クロスサーチ2』は、失くしたファイルを一発で検索してくれる便利なソフトです。
本ソフトの旧バージョンは昨年7月に発売され、多くのお客様からご好評いただいておりましたが、このたび旧バージョンをご使用いただきましたお客様から多数のご意見をいただき、それらをすべて反映する形で【12の新機能】を搭載しました。

失くしたファイルを一発で見つけ出す検索ソフト

仕事にプライベートに活躍する検索機能!

クロスサーチ2画面

通常であれば、「Windows」に標準搭載されている機能を使用すればファイルを検索することができます。ただこの方法ですと大変時間がかかるうえに、ファイル名でしか検索してくれないため、目的のファイルを見つけ出すことができません。 この『ファイル横断検索クロスサーチ2』は、ファイル名検索はもちろんのこと、全文検索までしてくれますので、必ずや目的のファイルを見つけ出してくれます。


新しく搭載された12の新機能

  • クロスサーチ2画面

    ネットワークドライブに対応

    これまで検索対象にできなかった「ネットワークドライブ(NASなど)」も
    検索対象にできるようになりました。

  • 音楽・動画ファイルも検索

    m4a,mp3,wma,wav,wmv,mov,mp4

    音楽や動画などの「ファイル名」も検索対象になりました。

  • 簡単設定モード

    簡単設定モード

    「簡単設定モード」をクリックすると、「デスクトップ」と「ドキュメント」が検索対象になります。「検索条件設定」には多少時間がかかりますので、手早く検索したい場合はこの機能が便利です。

  • 検索条件設定をインポート・エクスポート

    検索条件設定をインポート・エクスポート

    「検索条件設定」をインポート・エクスポートできるようになりました。じっくり時間をかけて広範囲を検索したい場合の設定、手早く検索したい場合の設定など、状況に合わせて検索条件設定を入れ替えてみましょう。

  • 「全展開」で「C:ドライブ」の最下層まで検索条件に設定

    「全展開」で「C:ドライブ」の最下層まで検索条件に設定

    Cドライブ全体をくまなく検索したい場合は、「検索条件設定」 > 「全展開」の順に選択してCドライブを全展開します。展開が完了しましたら、「C:」にチェックを入れ、最後に「設定」をクリックすればCドライブ全体が検索範囲に設定されます

  • システムフォルダを検索対象から除外

    これまでは検索条件を設定すると、「\\Boot」や「\\Intel」など検索の必要のないシステムフォルダも強制的に検索対象に設定されてしまいました。新バージョンでは、検索範囲に不要なシステムフォルダは検索対象に入らないよう除外しました。

  • ユーザーインターフェイスを一新

  • 検索でヒットした文字を分かりやすい位置・色で表示

  • 検索窓に検索ワードを入力後、「Enter」で
    検索を開始できるようになりました。

  • 検索結果表示画面で「フォルダ名」をクリックすると、
    該当フォルダを開けるようになりました。

クロスサーチ2画面

  • ファイルの作成日や更新日を指定してから検索できるようになりました。

    クロスサーチ2画面

  • 検索結果で抽出された情報を「CSV」形式で出力できるようになりました。

    クロスサーチ2画面

ファイル検索の仕組み

本ソフトの「全文検索機能」では、特殊な全文検索フィルタを使用しております。
このフィルタの機能により、一太郎・WORD・EXCEL・PDFなどの各種文書ファイルからテキスト要素を抽出し、検索しやすい環境を作り上げてから検索を行います。
また、検索を高速化するために、既存のライブラリを使用せず全て一からプログラムを書き上げ、独自の構文解析を行うことにより検索速度の高速化を実現いたしました。

ファイル検索の仕組み

操作手順

STEP 1

検索条件を設定します。「C:」全体を指定したい場合は、
「①検索条件設定 > ②全展開 > ③C: > ④設定」の順にクリックしてください。
※「全展開」ボタンをクリックしてから完了するまでは少々お時間がかかります。
※「簡単設定モード」をクリックすると、「デスクトップ」と「ドキュメント」のみが検索対象として選択されます。

STEP 1

↓

STEP 2

「検索」窓に検索したいワードを入力し、「Enter」を押してください。検索が始まります。

STEP 2

↓

STEP 3

検索結果が表示されます。

STEP 3

検索語の入力は日本語・英語に対応

検索語の入力は日本語はもちろん英語にも対応! htmlファイルなどの英語名指定ファイルの検索にもとても便利です。

検索履歴の保持

これまでに検索した語句を履歴として保持します。検索履歴が残るので、同じものを何度も検索しなくても大丈夫。

多様なファイル形式に対応

多様なファイル形式に対応しているので、検索はスムーズに!
ヒットしたファイルの形式ごとに検索結果が見やすいアイコンで表示されます。

多様なファイル形式に対応

対応ファイル形式

一太郎 .jaw/jtw/jbw/juw/jfw/jvw/jtd/jtt
Word .doc/.docx
Excel .xls/.xlsx
PowerPoint .ppt/.pptx
Adobe PDF .pdf
HTML .html
リッチテキスト .rtf
Open Document .odt/.ods/.odp/.odg
OpenOffice.org .sxw/.sxc/.sxi/.sxd
OASYS/Win .oas/oa2/oa3
新松/松5/松6 .bun
Webアーカイブ .mht
Lotus 123 .wj2/wj3/wk3/wk4/123
Windows3.1 Write .wri

【NEW】上記のほか、下記のような音楽・動画ファイルにも対応

m4a,mp3,wma,wav,wmv,mov,mp4

前バージョンとの比較表

比較表

動作環境

対応OS
Windows 10 / 8.1 / 7 / Vista

インストール容量
10MB

CPU
上記OSが正常に動作するCPUクロック数

その他
インターネットへの接続環境必須(ユーザー登録時)

メモリ
上記OSが正常に動作するメモリ